ホームページをリニューアルする理由と効果。正しい施策は会社の利益という大きなメリットにつながります!

  • 「どうしてホームページをリニューアルするんだろう?」
  • 「ホームページをリニューアルして、何が変わるの?」

ホームページを持っている方のなかでも、このような疑問を抱いている方は多いでしょう。

たしかに、何となくリニューアルするだけでは、大した効果が得られず「時間とお金を無駄にした」と後悔してしまうことがあります。

しかし、効果やメリットを正しく理解して実施すれば、大きな利益につなげることができます。

そこで、一般的にどのような目的でリニューアルをされているか、また、それによってどのような効果が得られているのかをご説明します。

会社がホームページをリニューアルする理由

ホームページ作成のコーディング

一口にホームページのリニューアルと言っても、できることはたくさんあります。全部実施しようとしたら、大きなコストは避けられません。

大切なことは、リニューアルする理由や目的を明確にすることです。それが施策の軸になることで、本当に求めていた効果を出せるようになります。

リニューアルする理由・目的は会社によって違います。それぞれ見ていきましょう。

社名や事業内容などの変化を反映

会社に何かしらの変化があったら、ホームページにもそれを反映させる必要が出てきます。

変化と言っても、次のように小さなものから大きなものまでさまざまです。

  • 社名やロゴが変わった
  • 新しい事業を始める

しかし、変化の大小にかかわらず「せっかくだから、全体のリニューアルもしよう」と思い立つ方は多いようですね。

古くなったデザインを新しく

デザインは時代の流れに伴って変わっていくものです。何年も同じものを使っていると、「古臭い」という印象を与えてしまいます。

競合他社がいくつかあるとき、見た目の印象だけで選ぶ顧客は少なくありません。

つまり、デザインが古くなっているだけで、売上を逃してしまっている可能性があるということです。

ホームページの使いやすさを改善

ホームページは定期的に中身を整理整頓する必要があります。

そのままコンテンツを増やし続けると、全体のボリュームが肥大化して、どこに何があるのかが分からない状態になってしまいます。

ユーザーにしてみれば、目的の情報を得られず、ストレスの溜まるホームページになってしまうということです。

また、表示速度が遅い場合も問題です。

クリックしてからページが表示されるまで何秒も掛かってしまうようでは、ユーザーはイライラしてしまいますね。

このようなユーザービリティは、現在のホームページに強く求められていることでもあります。これらの点で問題が見られるなら、リニューアルのタイミングでしょう。

ホームページの機能に不具合がある

ホームページはときに不具合を起こすことがあります。

たとえば、以前は当たり前のように使われていたフラッシュですが、現在はスマホやタブレットで表示されません。

ブラウザのバージョンアップで、レイアウトが崩れて表示されることもあります。

どちらもユーザーにとって困ることですが、管理側にとって不具合がある場合もリニューアルのタイミングです。

とくに多いものが、更新がしにくいというもの。「今まで担当者に任せっきりで、他の人が更新できない」というときに、CMSを導入するためのリニューアルするのもよくある事例です。

WEBマーケティングによる集客力を強化

ホームページを持つ目的はそれぞれですが、多くの方は集客のために所持していることでしょう。

「ホームページに来たユーザーが、自社の商品・サービスを買ってくれる」というビジョンがあるはず。

しかし、それが上手くいかない場合、集客力が不足していると言えます。ホームページで集客するには、WEBマーケティングの技術に則ったリニューアルが必要です。

ホームページをリニューアルする効果やメリット

チェックリスト

ホームページをリニューアルするときは、このように各管理者やサイトが持つ目的・課題に焦点を当て、少ないコストで効果的な施策をする必要があります。

それでは、リニューアルによって実際にどのような効果、メリットを得られるのかを見てみましょう。

デザインの一新によるイメージアップ

デザインを新しくすることでユーザーに好印象を与えることができ、ホームページに留まりやすくなります。

おそらく、ホームページをリニューアルしたいと考えている方がもっともイメージしている効果でしょう。しかし、これは数あるメリットの1つに過ぎません。

ユーザーがより見やすいホームページに

ホームページ内にあるコンテンツを整理整頓することで、ユーザーが情報を探しやすくなります。

また、大きな画像を縮小する、htmlを見直す、サーバーを変更するなどの施策で、ページの表示速度を改善することができます。

これらは、ユーザーがホームページをより見やすくするための施策です。

結果的に、ホームページへのアクセスから商品・サービスの購入までの過程がスムーズになります。

閲覧・更新にかんする不具合の解消

どのような端末、ブラウザでもホームページを見られることは大切なことです。問題がある場合、リニューアルによってフラッシュの撤廃、モバイル対応などを行います。

その他、CMSの導入で更新作業を誰でもできるようにするなど、ホームページ運営者にとってもメリットがある施策が可能です。

SEO対策で検索順位を上げる

検索エンジン最適化(SEO)という技術によって、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでより上位に表示されるようになります。

検索エンジンで上位に表示されるということは、それだけユーザーがホームページに訪れやすくなるということです。

ホームページのリニューアルは、会社の利益向上のために必須の施策です

会社の成長

ホームページのリニューアルには、このようにさまざまな効果・メリットがあります。

これらすべてに共通していることは、結果的に商品・サービスの売上アップという形のある成果につながるということです。

つまり、ホームページのリニューアルは、何となくや自己満足で行うものではなく、事業・サービスを成功させるために必須となる施策です。

今のビジネスを成功させたいと考えている方は、誰でも検討して後悔することはないでしょう。